2013年1月3日木曜日

スワミ・ヴィシュワナンダとクリスマス、そして大晦日を祝う

クリスマスにはシュリ・ピタ・ニラヤで真夜中のミサと、
イエス様の誕生をお祝いしてアビシェカム
(神像や聖像を清める儀式)が行われました。
クリスマスの最初の祝日にはシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ
がイエス様の生誕を祝ってアビシェカム
(神像、聖像等を清め、敬う儀式)を行いました。
儀式が終わって、参観者は皆揺り籠に眠る
イエス様にお花を捧げました。
玄関のホールに飾られた大変豪華な
クリスマスツリーが訪問客の目を楽しませていました。
シュリ・ピタ・ニラヤの台所では様々な国の信者が、
それぞれ珍しい料理を作り、クリスマスの
特別なメニューが用意されました。
そしてクリスマスの為に綺麗に飾られた食堂で、
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダと
信者達が共に食事を取りました
クリスマスの期間中には予期なく何回かサッツァング
(マスターとの話し合い)が行われました。
これはシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダとシュリ・
ピタ・ニラヤに住む信者達の記念撮影です。
クリスマスから大晦日にかけて、
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダは
6日間続けてダルシャン(祝福)を行いました。
この期間は沢山の素晴らしい、又印象的な体験に溢れ、
大晦日は皆でバジャンを歌ったり、踊ったりして
祝いしました。そして最後には大変感銘的な
花火大会が行われました。
それでは皆様に素晴らしい、
成功に満ちた2013年をお祈り致します。