2015年6月30日火曜日

日本語字幕つきYouTube動画のご紹介Part3

8.世界はどのように変わるか?



9.なぜ私たちは霊性の道で幸せでないのか?パート1



10..なぜ私たちは霊性の道で幸せでないのか?パート2




---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

#LoveChangesEverything ビデオキャンペーン
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/lovechangeseverything.html

2015年6月28日日曜日

シュリー・ピータ・ニラヤにおける求人情報:会計士

シュリー・ピータ・ニラヤは現在会計士を募集しています。


英語とドイツ語の会話及びライティングに熟達している必要があります。
会計(税会計を含む)のスキルが求められ、運営委員会と共同で、プロセス管理にも携わっていただきます。

あなたがこのポジションに当てはまりますか?
もしくはその条件を満たした帰依者を御存じですか?
職務内容は次のリンクからご確認下さい。

http://www.bhaktimarga.org/seva/job-openings

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月24日水曜日

日本語字幕つきYouTube動画のご紹介

設定から日本語字幕を表示できます。

1. 2つの黄金のニラニヤガルバ・リンガムの誕生


2.2つのヒラニヤガルバ・リンガムの説明


3.ポーランドでのサットサング


4.神への信頼


---

過去に掲載した日本語字幕つき動画
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/05/blog-post.html

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

#LoveChangesEverything ビデオキャンペーン
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/lovechangeseverything.html

Twitter
https://twitter.com/BhaktiMargaJPN

Facebook
https://www.facebook.com/BhaktiMargaJapan

2015年6月21日日曜日

#LoveChangesEverything

バクティ・マルガ10周年記念祭への興奮をさらに高め、
スワミの素晴らしさに対する意識を高めるため
いかに #LoveChangesEverything(愛はすべてを変える)かについての
ビデオキャンペーンを行っています。

私たち一人ひとりで短いビデオを撮影しましょう。
愛があなたを変えることに関する思いや、いかに愛が世界を変えるかについてのビデオです。
まずはスワミ・クルナンダ・アーナンダからのメッセージをご覧ください。

video

訳:ご存じの通り、7月10日~12日までバクティ・マルガの10周年を
ここシュリー・ピータ・ニラヤでお祝いします。

このイベントのメインテーマは“愛はすべてを変える”です。
7月11日の土曜日のイベントの山場となる夜に、
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダにより、いかに愛がすべてを変えるかについての
特別なサットアングが行われます。
そのため、イベントまでの間、皆さんに自分自身を表現してもらいたいのです。

“愛はすべて変える”についてのあなたの思いを表現して下さい。
例えば、愛があなたの人生をどのように変えたか、愛がどのように世界を変えると思うかなど
このテーマに沿ったことであれば、何でも良いです。

あなたにして欲しいことは、自分をビデオで撮影して、
フェイスブックかツイッターを通して、特設ページへ動画を紹介して下さい。
フェイスブックからはSriSwamiVishwanandaのページのウォールへ投稿して下さい。
https://www.facebook.com/SriSwamiVishwananda
ツイッターからはハッシュタグ、#LoveChangesEverything を使って動画を投稿して下さい。
フェイスブックからもこのハッシュタグを使って下さい。
そうすることで、人々がこのキャンペーンに関連した動画や情報を検索する助けとなります。
これは小さくてもとても重要な貢献をすることになります。
この動画のうちいくつかは、土曜のサットサングで公開されます。
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダから何かコメントがされる可能性もあります。

これに参加することで、みなに自分でも変化が起こせること、何か貢献できること、
一人ひとりが重要であり、確かな貢献ができることを示せます。

また、他の人たちも自分たちに続き愛を広めるよう、背中を後押しできます。
何故なら、世界を変えるのは、愛だからです。

7月10日、11日、そして12日にお会いできることを願っています。
クリエイティブに、控えめにならず、カメラの前に立って、
このカメラは携帯電話のカメラです。

簡単ですから、ぜひ愛のために、そして自分が受け取り、分かち合いたいと思っているグルジの愛のために、
自分を表現してみて下さい。

ジェイ・グルデーヴ
ありがとうございます。

---

スワミの模範に従い、私たちは愛はすべてを変える、愛は世界に変化を起こせると発信しています。
とりわけ、私たちの人生に変化が起きたこと、
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダが私たちのハートを開き、私たちを変えてくれたことを口にします。

世界に向かって愛がいかに素晴らしいか伝えましょう。
私たちとともに声を上げ、世界に響かせましょう。
#LoveChangesEverything!

-ビデオの撮影方法

1.ビデオカメラを用意しましょう。携帯電話のカメラで十分です。

2.要点を1~3つ決めましょう。「愛はすべてを変える」のテーマに沿ったあなたにとって意味のあるものです。

3.遊び心と自信に満ちた状態を作りましょう。

4.その状態をキープしながら撮影を開始しましょう。“これだ”と思うものが出来るまで、何回撮影しても良いでしょう。

5.“これで十分だ”と思うものが撮影できたら、撮影を止めましょう。

6.フェイスブックかツイッタでその動画を投稿しましょう。

---

video

訳:ジェイ・グルデーヴ

はい。愛はすべてを変えます。すべてを変容させます。
なぜなら私は純粋な愛そのものである存在を知っているからです。
それはシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダです。
私が彼に会った時、私は完全に変化しました。人生が完全に変わりました。
神の愛について、少なくとも少しは知ることができました。
それまで持っていた習慣、考え方、彼の愛はただ会っただけなのに
その純粋な愛ですべてが焼き尽くされたようでした。
私はすべてを新しく始め、人生を新しく理解しなくてはいけませんでした。
毎日毎回彼に会う度、初体面のように心臓が高鳴り、初対面のような無邪気さを感じます。
何年も彼に会っていますが。
これはいかに愛が純粋であるかの証拠です。
自分が純粋に愛せるようになるとは信じていませんでした。
表面的にですが、自分は普通のバカな人間だと思っていました。
彼は教えてくれました。私が彼を本当に愛せるということを。
そして純粋な愛とは何か、いつも見せてくれています。
彼は私を完全に変えてくれました。

ジェイ・グルデーヴ

アーラダカナンダ(ブラジル/ドイツ)

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月19日金曜日

アシュラムにクジャクがやってきた!その2

始めに、深夜1:00(6月20日)よりシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの
ダルシャンの模様がライブストリーミング配信されます。
http://bhaktimarga.org/livestream

前回からの続き:逃げ出したくジャクの捕獲作戦



ドゥリシュティがかなりの時間考えた末
若いクジャクのカップルを捕まえるための策を思いつきました。
建設チームから駐車場にあった使う予定のない鋼鉄のボックスを調達しました。
これで罠を仕掛けられそうです。
この作戦に賛同してくれたカルピットに話したところ、
彼は本物の“罠師”であり、罠の熟達者であることが分かりました ;-)



Watzelhainという隣村の村人に話したところ、サポートを引き受けてくれました。
彼らのガーデンにエサの入った罠カゴを設置し、“罠扉”を結びつけました。

そして驚くなかれ、比較的に人への信頼感が強いオスクジャク(ハインリヒ)が、
何の捕獲劇も起こさず中へ入って、容易に捕まえることができました。
カルピットはブランケットに彼を包んで移動用のボックスへと移し、センターへと連れて行きました。

メスクジャクのプリンツェシン(お姫様の意味)を捕まえるのは
それほど簡単ではありませんでした。
罠カゴの中に他のクジャクたちもいるように見せかけるため、鏡を中に設置しました。

そして隣村の住人たちの大きな助けもありました。
彼らはガーデンでの朝食ツアーなるものを行い、
そこに参加してきたプリンツェシンは罠カゴに入っていきました。
非常にうまくいきました。



さあ、8羽のクジャクが揃いました。

十分な順応期間を経て、クジャクたちは次々と放たれました。
まだ鳥小屋で生活している仲間たちもいるせいか、彼らは周辺で生活しています。
夕方になるとエサをもらうために、小屋に戻ってきます。

そしてナヴァラトリの後、ドアが解放されて全員が自由の身となりました。
彼らが新しい世界を発見していく様子には大きな喜びを感じます。

特に彼らが眠る時、木に飛び移っていく光景には目を奪われます。
今は群れで行動していますが、春の繁殖期には違った光景となると思われます。



8羽のクジャクは、それぞれ自分のお気に入りのスポットを見つけたようです。
自然でのサバイバル・トレーニングを経験しているハインリヒとプリンツェシンは
他のクジャクたちより勇敢であるため、住宅の屋根から少し離れた木に飛び移っています。



風の強い日には、ナーマデーヴのガレージに集まるのが好きなようです。
後片付けをしていかない彼らに、ナーマデーヴは不満を感じていますが。



最後に

私たちは動物たちがここを自分の家のように感じてくれるようになって幸せです。
寒い冬も無事に乗りきることを願っています。
彼らはアシュラムのメインの建物から離れたプライベート・エリアで生活しています。
そこは立ち入り禁止区域であることを、ご理解下さい。

クジャクたちが春になって好奇心からその散策エリアを拡大させ、
センタを中をうろつくようになるまで、もう少し待って下さい。
センターの至る所に彼らは現れ、バルコニーの手すりに飛び移ったりもするでしょう。




---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月18日木曜日

シュリ・ヤントラ講習withシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ


さて、バクティ・マルガ10周年記念祭まで1ヶ月を切りましたが
参加を考えている方へ同時期に開催される
シュリ・ヤントラ講習の情報をお知らせします。

日程:2015年7月18日(土)~19日(日)
場所:シュリー・ピータ・ニラヤ

“母なる女神のヤントラは、家に繁栄をもたらします。”
-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ

講習内容:

ヤントラとは、エネルギーの幾何学的様相のことであり、全宇宙を表現しています。
霊的成長のための装置として機能します。

この2日間にわたるシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダのシュリ・ヤントラ講習は
シュリ・ヤントラの神秘の手ほどきをするとともに、
参加者の個人的なシュリ・ヤントラのエネルギーを活性させます。

知られているうちで最古のヤントラであるシュリ・ヤントラは、母なる女神そのものです。
シュリ・ヤントラは最も強力で効果的なヤントラの1つとされ、
すべてを創造をするパワーを内在していると信じられています。
肉体的、感情的、精神的なヒーリングなどの多様な目的にも非常に効果があります。

シュリ・ヤントラの神秘の深みへと進んでいくことは、
本質的に内なる神性への巡礼を意味します。
シュリ・ヤントラ講習に参加することで
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダと母なる女神の恩寵を受け、
自らに起こる変容を受け入れ、内に宿る秘められし知識へと飛び込んで下さい。

申込期限:

シュリ・ヤントラ講習は300ユーロ(税込)です。
2015年7月10日までに前もって全額のお支払いを完了し、予約を確保していただけますようお願い致します。

お支払いは次のリンクからお願いします。
http://www.bhaktievent.de/magento/index.php/shree-peetha-nilaya-event-payments.html

お支払いが完了しますと、購入詳細のメールが届き講習での席が確保されます。
(※複数回お支払いすることのないよう、ご注意下さい。)
(※購入詳細のメールを受領することで、講習の席が確保されます。)
お支払いが正式に確認された受領された時点で
料金受領書を兼ねたインボイスがメールにて送信されます。

講習スケジュール:

本講習は2015年7月18日(土)~19日(日)の2日間にわたり行われます。
以下はスケジュールの概要ですが、変更が生じる場合もあることをご了承下さい。

土曜日(2015年7月18日)

8:00-10:00 ゲスト到着/シュリ・ヤントラ講習登録受付

11:00-14:00 シュリ・ヤントラ講習

14:00-15:00 昼食

15:30-17:00 シュリ・ヤントラ講習

日曜日(2015年7月19日

11:00-14:00 シュリ・ヤントラ講習

14:00-15:00 昼食

15:30-17:00 シュリ・ヤントラ講習

会場:

シュリー・ピータ・ニラヤ
Am Geisberg 1-6, 65321 Heidenrod-Springen, Germany

“古代には、ヨギは自然に宿る神と繋がることによって神聖なインスピレーションを授かりました。
シュリー・ピータ・ニラヤはまさしくそのような場所です。”
-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ

バクティ・マルガの主要なアシュラムであるシュリー・ピータ・ニラヤは
“母なる女神の住居”という意味です。彼女本人によりその名がつけられています。
このセンターはドイツにあるタウヌスという地域の田園地帯に位置しています。
美しい自然の祝福に満ちた場所です。

証言:

“スワミジとのシュリ・ヤントラ講習は
シュリ・ヤントラの講習というよりもイニシエーションのようでした。
私が感じたのは、この講習によって彼は
計り知れないほどの霊的成長へと導く数々の扉を、開いてくれたということです。
あとは私たちが勇気を出してその扉の向こう側へ踏み出すだけで良いのです。”
マーダヴィ(ドイツ)

“シュプリンゲン自体、母なる女神の住まう場所です。
彼女がすべてのバランスを生み出しています。
シュリ・ヤントラ講習でシュリー・ピータ・ニラヤはヨーローッパの中心に置かれたシュリ・ヤントラとして機能していると説明しました。
ここに足を踏み入れた人は誰でも、母なる女神自身の住むアーナンダ・ローカへ入ります。
あなたは彼女の膝の上にいるのです。母の膝に座った赤ん坊のように。
そして彼女があなたの面倒をみてくれます。
-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ


---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
※2015年6月16日更新:アシュラム近くに新しくオープンするホテル情報を追加
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html


2015年6月16日火曜日

ロックされた車

以下のお話はムクターナンダがシュリー・ピータ・ニラヤで目撃した出来事です。
それはシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダと、ある帰依者のお話。



日曜日の午後のまだ明るいうち、私がセンターの入り口ホールに行くと
グルジがある父親と娘と話していました。
彼らはランチの後、出発する予定でした。
彼らはシュリー・ピータ・ニラヤでのダルシャンを受けた後
一夜を過ごし、朝の祈りにも参加しました。
しかし帰宅は少しやっかいなことになりました。
車のキーがイグニションにはさまり、システムが車のドアを自動ロックしてしまったのです。
車にはもう入ることはできませんでした。

17歳くらいの娘は、センターに来たのは初めてで
グルジの放つエネルギーや存在感、人格にとても感動していました。
しかし彼女のマインドは目撃した“儀式”についての正直な質問に満ちていましたが。

グルジがホールを去ることになり
2人とチダーナンダ(れんがを手に持ちながら)、そしてパンカジも出て行きました。
私が入口のドアを開くと、グルジとパンカジがゴルフカートに乗っていて、出発するところでした。
軽く会話をした後、2人の親子のどちらかが言いました。
「スワミ、あなたならドアを開けることができますよね?」
みな賛同していました。
「そうだ。スワミ、開けてあげて下さい。」
そしてグルジは言いました。
「できるかもしれないし、できないかもしれない」
そして
「ところで今からどうするつもり?」



父親は自動車修理店に電話して修理に来てもらうと言いました。
「それはとても高額だね」グルジが言い、父親も承知していました。

グルジ
「もし私が車のドアを開けたら、高くつくよ。」
父親
「いくらですか?」
グルジ
「タバコをやめなくてはいけない。」
父親
「分かりました。やめます。」

それを聞いて私たちは少しの間談笑していると

グルジがついに口を開きました。
「ムクターナンダ、車を開けるのを手伝ってもらえるかい?」
私のほうを向いて彼はこう言いました。
「窓を外側から下に向かって押して、できた隙間から道具を使って鍵を開けなさい。
それで開くでしょう。」
そして彼はカートで去っていく際に父親に対して

「守れない約束などするものではない!」

と叫んでいきました。
スワミは彼が禁煙の約束を守れないことを知っているようでした。

とにかく、グルジは去っていきましたから、私は必要なツールを探しにいきました。
ちょうど雪かき用のシャベルが何本か立てかけてあるのを見つけ
使えそうなものを1本洗って、車へと向かいました。
私たちは思っていました。
「グルジがそれで開くといったのだから、それで上手くいくんだろう」と。
どれほどマインドが、現代の主流な物理学にそったやり方で対処した方が良い、と言っていたとしても。

100メートルほど離れた車の場所に戻ちました。
キーはまだイグニションに刺さっているのが見えました。
窓のどの位置にシャベルを刺すか探していたところ、
父親がドアの場所へ行き、ドアハンドル手をかけると、
ドアが開いたのです。

・・・・・・??!!・・・・・・・開いた!・・・・・・・・・??!!
・・・・・・・・・・・??!!

私たちの顔が想像できるでしょう・・・・映画のシーンのような・・・・分かりますよね?

2人はお互いに確かめあっていました。
ドアは確かにロックされていたと何度も繰り返していました。
彼らはもう帰路につきたかったのです。
でも中に入れませんでした。ドアがロックされていたから。
だからセンターの建物へ戻ってきたのです。

いろんな思いが皆のマインドをよぎりました。
そして魂は歓喜の中にありました。飛び跳ねて、踊って・・・。
今なおそうです。
人生の神秘にまた1歩近づいた3つのあっけにとられたマインドを見て
喜びがとまらなかったのでしょう。
マインドには様々な思いが起こったことでしょう。
「グルジは一体どうやってドアを開けたんだ?」という疑問だけでなく
「今は禁煙がちゃんとできるということだろうか?」
「この微小な出来事に起こった巨大な経験を、どう消化すれば良いのか?」

グルジはかつで言いました。
「マスターは一滴の滴をたらすようにするだけで、“一切のもの”をあなたに与えることができる。」と。
その1滴からどれほど受け取れるかは、私たち次第です。

格言にもありますね?
「父たちから受け継ぎしものを、自分のものとするには再び獲得しなければならない。」
もしこれをこの状況に当てはめるならば:
あなたがマスターから受け取ったものから、最大限の利益を得るためには、
その深みへと至らないといけない。自分のためだけでなく、世界のためにも!
私たちの魂は真実の、抑制されていない、ハートの開けた喜びを切望しています。

ありがとう、グルジ!ありがとう!

グルジは私たちのハートを開くためにやってきました。そして必要であれば時々車のドアも。

グルジは父親に何と言ったでしょう?
「もし私がドアを開けたら、高くつくよ。喫煙を止めないといけない。」
さあ、もし車のドアを開けるのにそれくらいの代償を払わないといけないなら、
ハートの扉を開くのには、どれほどの代償がいるのでしょう?
それよりはずっと多いことでしょう。
エゴとそれが表現するものを、払うことになるでしょう。
あなたにその代償の準備ができていますか?

マスターとはメッセージを秘めコード化する達人というだけでなく
すべての次元、すべての実在の錠を開く鍵師です。

愛するマスターよ、私たちのハートの叫びを聞いて、どうかあなたの恩寵を送って下さい。
あなたを恐れるエゴの言うことなど無視して下さい。
ハートと魂の底から感謝を送ります。愛する、グルデーヴァ、シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ。

感謝をこめて
ムクターナンダ

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
※2015年6月16日更新:アシュラム近くに新しくオープンするホテル情報を追加
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月14日日曜日

証言:シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの愛のパワーが私を救い、命を吹き込んだ。


先週末シュリー・ピータ・ニラヤにおいて、シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダは
600人以上の人に2日連続でダルシャンを与えました。





何年にも渡り、シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダは
サットグルは誰からも何ももらう必要がないことを私たちに教えてくれています。
彼らはすべてを手にしています。
彼らは神実現に至っています。
彼らが唯一望むことは、私たちすべてが神を実現することです。
彼らは、自らの地位を下げてまで、私たちへの召使いとなり、
私たちへ奉仕し、私たちを押し上げてくれます。
私たちが神の手を握り、彼を実現できるように。

また彼はこうも言っています。
「神があなたの人生を描き、神があなたの人生を計画します。
しかし、それを抱いて受け入れるのは、あなたがしなくてはいけません。
あなたに代わって彼がそれを行うことはできません。」




土曜のダルシャン後の夕方に、オーストリアのグループ訪問客に
与えられたシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダとのサットサング

次の証言は、シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ土曜のダルシャン中で紹介されたものです。
人生に姿を現す神の計画の素晴らしい実例です。
そして、ヴェーダのマントラ(ブリハッドアーラニヤカ・ウパニシャッド 1-3-28)にあるような
人生におけるサットグルの愛のパワーを示す体験談でもあります。


Asato mā sat gamayā
Tamaso mā jyotir gamayā
Mrityor mā amritām gamayā

非真実から真実へと
暗闇から光へと
死から不滅へと我を導きたまえ


証言:
「ジェイ・グルデーヴ!私はパルティーニアです。
今日は私とシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダとの出会いをお話したいと思います。
私は12歳の時から霊性について知りました。
私の母は霊性の道を行く人でしたから、もちろん私にもその関係の話をしていました。
しかし私は興味がありませんでした。

16歳になった時、私は少し荒れ始めました。哀れな両親です。
私はよくヘビーメタルをかけていました。音がうるさいほど快感でした。(聴衆笑い)
ある日ドレッドヘアーとピアスで帰宅した時は、母は発狂していました。
2年後には友人と一緒にパーティーやお酒に没頭するようになっていました。
ちょっとしたドラッグにも手を出すこともありました。
仕事は手につかず。しょっちゅう転職していました。

明らかに私は責任感のあるタイプではなかったからです。
そんな私を救ってくれたのがグルデーヴでした。
彼がもたらしてくれたこの人生の変わり様はまさに驚異です。
もし当時の友人たちが今の私のことを聞いても、信じないでしょう。
あの頃は、まるで眠ったまま生活しているようでした。
生きている感覚も薄らぎ、人生をどうしたら良いのか分かりませんでした。
そう、まるでゾンビでした。」


「数年後、私の母、シュリーデヴィがポーランドへの旅行から帰ってきて
素晴らしい旅だったと話してくれました。
彼女はシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダという新しいマスターに会い、ダルシャンを受けた、と。
この頃、私は何となく何かが変わったことに気づいていました。
霊性に興味を持ち始めたからです。
おまけに彼女はパラマハンサ・ヨガナンダの“あるヨギの自叙伝”という霊的な本を私にくれました。
本を最初から最後まで楽しんで読んだのは、何年ぶりだったでしょうか。
“このスピリチュアリティーって本物なんだわ。神は本物なのね!”
当時グルデーヴのアシュラムはシュテフェンショフ(ドイツ)にあり、
母が一緒に行かないかと誘ってくれました。
「オーケー。行くわ。」私は言いました。
母はショックを隠しきれませんでした。
私がそう言うなんて全く期待していなかったのですから。」

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダによるヤグナ
「私はヤグナのイベントの時に行きました。
何が起こっているか分からないながら、実は楽しんでいました。
そして“何て素敵な場所なの。”と感じていました。
そしてハートは既に訴えていました。
“これが私が人生に望んでいるもの。これがずっと探していたもの。”
間もなくして私は、アートマ・クリア・ヨガのコースを申し込みました。
アートマ・クリヤ・ヨガが何か知りませんでしたけれども。

この時期は、まだ二重生活を送っている状態でした。
友人と繰り出して正気を失う一方で、霊性の道も歩み始めていました。
1つ言いたいことは、霊性に興味を持ち始めた時、
たくさんの変化が人生に起きました。極めて突然に。
自分で意識的に決めたことなどなかったかのように、
すべてがただ起こったのです。まるで映画を見ているように。
私はただ立ち尽くし、自分の周囲が変わるのを見ていました。
言うまでもなく、友人を失い始めました。一緒に出かけなくなったからです。
ドラッグも、お酒も、肉食も止め、私の持っていた関係は完全に変化しました。

実は、ずいぶん長い間過去については思うことも、語ることもしていませんでした。
しかし最近何となく、7年前人生はどんなであったか、そして今はどうか、
そんなことに思いを巡らせるようになりました。
当時は本当に自分が死んでいるような感覚でした。
生きていなかった私に、グルデーヴが命を吹き込んでくれたのです。
私は人生の本当の意義を、私たちがここにいる理由を、生き始めました。
それまで経験したことのなかった愛の一滴を味わうことができました。
私は未だに無条件に愛することがどういうことかを知りません。
しかし彼から無条件に愛されるとはどういう感じかを知っています。
私が何をする時もしない時も、彼は私の手を握って、いつもそこにいてくれるでしょう。」


「ですから、あなたがグルに会ったなら、今抱えている荷物を全部投げ捨てて
彼のもとへと走って行って、彼の乗るボートに乗って下さい。
彼は私たちの船頭です。あなたの目的地へと連れていってくれるでしょう。
想像すらできない全く新しい世界を、あなたに見せてくれるでしょう。
外側の世界だけでなく、内側の旅路においても、彼はあなたを導いてくれるでしょう。


「イエス・キリストは言いました。
“私は道であり、真理であり、命である。”
まさにこれが私が経験したことです。
ですから私から皆さんへ、この旅路へ招待します。
怖がらないで下さい。
すべては起こるがままでいいのです、私にもそう起こったように。
そして、そう、もしあなたが本当に神を見たいなら、言わせて下さい、友人たちよ。
あなたはもう既に見たのです。
なぜなら、イエスは言いました。
“もしあなたが私を見たのなら、あなたは私の父を見たのである。”
そしてここに座っているのが、グルデーヴです。

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
※日本人で参加を考えている方のためにメッセージを更新しました。
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月13日土曜日

HAPPY BIRTHDAY! グルジ!

今日6月13日はシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダのお誕生日です。

ハッピー・バースデー!グルジ!

決して生まれることもなく、決して死ぬこともないお方
すべての人類のハートからあなたが目覚めることを願って
日本からたくさんのハッピー・バースデーを送ります。

Happy Birthday Guruji !

The one who has no birth nor death.
May you truly awake in every heart.
Lots and lots of Happy Birthday from Japan to you, both inside and outside.

Drawn by Yumi Kudo


2015年6月11日木曜日

アシュラムにクジャクがやってきた!その1

ジェイ・グルデーヴ

シュリー・ピータ・ニラヤにはたくさんのクジャクが住んでいます。
センターの1階に住んでいると、部屋のベランダに
突然クジャクの群れがやってくることもあります。

今回は2回に渡ってそのクジャクがやってきたときのエピソードを紹介します。
2012年のお話です。

---



もう知っている人いもいる通り、まだ正式に発表はしていませんが
クジャクがやってきました!
それは美しいインドクジャクです。
我らがシュリー・ピータ・ニラヤに神秘的な景観を与えてくれるでしょう。



数週間の初期の順応期間を経て、クジャクたち(雄4羽、雌4羽)は今自由に歩き回っています。
宿泊客の方に注意していただきたい点があります。
キツネやその他の動物たちから身を守るため、彼らは木に飛び乗り、枝の上で眠ります。
暗がりにおいて彼らは、非常に見つけにくいですが、決して彼らの眠りを妨げないで下さい。



昨年の夏に、雄のクジャクたちはその見事な羽を失いました。(1羽あたり150本くらい。)
そして冬になると新しい羽が生えてきました。春の繁殖期に備えているのです。
不思議に思った方、大丈夫です。しっかり成長しています :D



クジャクを迎え入れることになった経緯をお話しましょう。

ある時スワミジと会話をしていると、彼はクジャクが大好きだと語ってくれました。
そして昨年の夏、クジャクを飼ったら素敵ではないかというアイデアが自然を湧いてきました。

マタジ・ドゥリシュティがグルジに自分がそれに着手すべきか尋ねたところ、
彼は「ええ。やりなさい。」と即答しました。

ギリクマール・アーナンダとマクシムが、クジャクのためのシェルターを作りました。
何故なら、自由に歩き回れるようになるまで
最初の2-4週間は閉じた場所で保護しなくてはならなかったからです。



それと時を同じくして、1歳の雌クジャク(お姫様)と雄クジャクを
インターネットで見つけてそれに決めました。

次の写真はグルプールニマの少し前の様子です。
グルプールニマの朝になると、藁の上に大きなクジャクの卵が横たわっていました。
何と言う喜びでしょう!
(残念ながら、雌クジャクは興奮しきっていて、出産は平安にとはいきませんでしたが。)



さらに6羽のクジャク(雌3羽、雄3羽)が外部のレストランからやって来ました。
チーズケーキで甘やかされて育った彼らですが
とてもクールで、人に懐いていました。



そして3週間後、彼らのうち最初のカップルが放し飼いにされました。
そして翌日、いなくなりました。
:-( まだ、早すぎたのです!

数週間後、彼らが隣の村のガーデンをかけ回り、
村人から餌を与えられているという噂を耳にしました。

スワミジは言いました。

「必ず連れ戻しなさい!」

これは大きな挑戦を意味しました。
自然に帰ったクジャクを捕まろだなんて!

・・・続く

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
※日本人で参加を考えている方のためにメッセージを更新しました。
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月10日水曜日

マハ・アヴァター・ババジからの手紙


マハ・アヴァター・ババジからの手紙

2015年5月2日、スワミニ・ラクシュミへ伝達

---

愛しい人々へ

時として私はこの21世紀の並行地点より手紙を書く。
インドのヒマラヤより弟子の脳受容体へと光波を発信し、英語によりその言葉が現れる。
今日はこの方法であなた方と話している。
あなたのインナーネットへアクセスするためインターネットを通して発信された私の言葉を読んでいる人々、
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの帰依者、弟子、友たちよ、どうかこの言葉を聞いて欲しい。

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダのバクティ・マルガの10周年記念祝典が
7月にドイツのシュリー・ピータ・ニラヤにて開催される。

私、マハ・アヴァター・ババジは、精霊としてその場にいる。
今回の転生においてあなたは自身のアートマの代理人としてそこに出席するだろうか?
ハートの内なる愛の導きを感じるすべての人々へ、
霊的に歴史的なこのイベントへ出席することを私は推奨する。
何故か?シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダは21世紀のプレマ・アヴァターである。
この神聖なる顕現は、愛の化身である。彼は神聖なるミッションのため世界を旅している。

“私のミッションは人類のハートを開き、あらゆる信仰の人々を団結させることです。”
-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダのミッションにおけるあなたの役割に関しては、
帰依者、弟子、友人であるかに関わらず、それが試される時である。

この神聖なミッションの一部を担う決意が真であるならば
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダの10周年記念祝典という
この霊的に歴史的なイベントにあなたが出席するための道を切り開くことを私は推奨する。

私、マハ・アヴァター・ババジは、あなたも知っているとおり、
最大限のハートと是認を以ってあなたがこの神聖な祝祭に参加することを推奨する。
“グルは弟子を主、神性、神へと導く”
と言われる。これは真実である。
シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダは真に神聖なるグルである。

マハ・アヴァター・ババジがあなた方すべてを愛していること、そして今あなたが世界に先だって公にグルと神への支持を示すことを願っていることは、周知とされるべきである。

この動画は2015年の5月2日に公開されたものであり、どうか見て欲しい。
これは真実と愛の具現である。
(※設定から日本語字幕を表示できます。)




全人類、全信仰、全伝統の守護者
マハ・アヴァター・ババジ

---

バクティ・マルガ10周年記念祭へのお知らせ
※日本人で参加を考えている方のためにメッセージを更新しました。
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html


オームヒーリング等開催情報
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html


2015年6月9日火曜日

アートマ・クリヤ・ヨーガ@長野の模様

長野で行われたアートマ・クリヤ・ヨーガ講習会の模様です。
スワミニ・ヴィシュワ・ダヤマティ・アナンダ・マにより13名の受講生が伝授を受けました。



また、ヤグナ(火の儀式)がシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダに捧げられて行われました。
この炎はナラヤナの口であり、ここに捧げられたものは神のもとへ届くと言われています。









今回の会場となった梢ヨガ倶楽部のサイトにて体験談が紹介されています。
http://www.kozueyogaclub.com/blog/2015/06/post-126.php

---

バクティ・マルガ10周年記念祭のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html

オーム・ヒーリング、プージャ、バジャンのお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

2015年6月8日月曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵


オームヒーリング、プージャ、バジャン等開催のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/06/blog-post_74.html

オームヒーリング、プージャ、バジャン等開催のお知らせ

オームヒーリング&プージャ&バジャン開催のお知らせ:

現在開催が決定しているオームヒーリング、プージャ、バジャンの一覧です。
バジャンは神やグルを讃える歌です。
知らない人が大半ですから、全く歌ったことのない方でもご自由にご参加下さいませ。

①2015年6月25日(木)@南阿佐ヶ谷:14時30分~バジャン練習
②2015年6月27日(土)@鷺沼:13時~プージャ、オームヒーリング
③2015年7月4日(土)@南阿佐ヶ谷:11時~12時バジャン練習、13時~14時プージャ、14時~15時オームヒーリング

①日時:2015年6月25日(木)
時間:バジャン14時~
※30分前より入室可
場所:スタジオZEN(最寄駅:南阿佐ヶ谷)
地図:http://www.yogazen.info/
費用:ドネーション
持ち物等:不要

②日時:2015年6月27日(土曜日)
時間:プージャ13時~
    オームヒーリング14時~
※30分前より入室可
場所:アーナンダヨガスタジオ(最寄駅:鷺沼)
地図:http://www.ananda-yoga.net/contents/about/
費用:ドネーション
持ち物等:不要
※オームヒーリングだけの参加可。プージャの途中参加可。

③日時:2015年7月4日(土)
時間:バジャン11時~12時
    プージャ13時~14時
    オームヒーリング14時~15時
※30分前より入室可
場所:スタジオZEN(最寄駅:南阿佐ヶ谷)
地図:http://www.yogazen.info/
費用:ドネーション
持ち物等:不要

オームヒーリングの行い方:
簡単に説明しますと、内側と外側の円を人が座って作ります。
(足の不自由な方などは椅子に座ることも可能です。)
そして、ただひたすらにオームを唱え続けます。
15分たびに場所を入れ替わり、計3ラウンドの45分間続けます。
つまり、2回ポジションを入れ替わるわけですが
1度は必ず内側の円に座ります。

オームヒーリングの風景:
http://www.om-healing.org/picture-galleries

オームヒーリング公式サイト
http://www.om-healing.org/

オーム・ヒーリングの歴史


オーム・ヒーリングの起源は数千年も前へとさかのぼります。
それはまだ人類が崇高な英知へと繋がり、宇宙と調和していた頃のお話。
当時のリシたち(古代の賢者であり、ヴェーダ聖典の起源)は、
人類の治癒、そして人と自然のあらゆる不調和を調整するためのヒーリングエネルギーを
この強力なオームの根源的波動を用いて発生させました。





マハアヴァター・ババジ(写真右)は、時を超越したヨギであり、クリヤ・ヨガの起源です。
世界的に有名な著書“あるヨギの自叙伝”により、西洋においてもたいへん名が知れています。
そのマハアヴァター・ババジが、自身の弟子であるシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダを介し、
オームヒーリングを世に復活させました。
現在の人類の進化段階を考慮し、
マハアヴァター・ババジはアートマ・クリヤと呼ばれる変革的ヨガ体系を伝達しましたが
オームヒーリングはこの強力なヨガ体系の一部を構成しています。
アートマ・クリヤは個人レヴェルで行われますが、
オームヒーリングはグループで行われ、
すべての人々、そして世界に対して変容とヒーリング効果をもたらします。



---


バクティ・マルガ10周年記念祭のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html

2015年6月7日日曜日

6.27.オームヒーリング開催のお知らせ@鷺沼

オームヒーリング&プージャ開催のお知らせ:

鷺沼にて開催されます。
オームヒーリングやプージャについて全くご存じない方も
お気軽にご参加下さいませ。

日時:2015年6月27日(土曜日)
時間:プージャ13時~
    オームヒーリング14時~
場所:アーナンダヨガスタジオ(最寄駅:鷺沼)
地図:http://www.ananda-yoga.net/contents/about/
費用:ドネーション
持ち物等:不要
※オームヒーリングだけの参加可。プージャの途中参加可。

オームヒーリングの行い方:
簡単に説明しますと、内側と外側の円を人が座って作ります。
(足の不自由な方などは椅子に座ることも可能です。)
そして、ただひたすらにオームを唱え続けます。
15分たびに場所を入れ替わり、計3ラウンドの45分間続けます。
つまり、2回ポジションを入れ替わるわけですが
1度は必ず内側の円に座ります。

オームヒーリングの風景:
http://www.om-healing.org/picture-galleries

オームヒーリング公式サイト
http://www.om-healing.org/

オーム・ヒーリングの歴史



オーム・ヒーリングの起源は数千年も前へとさかのぼります。
それはまだ人類が崇高な英知へと繋がり、宇宙と調和していた頃のお話。
当時のリシたち(古代の賢者であり、ヴェーダ聖典の起源)は、
人類の治癒、そして人と自然のあらゆる不調和を調整するためのヒーリングエネルギーを
この強力なオームの根源的波動を用いて発生させました。





マハアヴァター・ババジ(写真右)は、時を超越したヨギであり、クリヤ・ヨガの起源です。

世界的に有名な著書“あるヨギの自叙伝”により、西洋においてもたいへん名が知れています。
そのマハアヴァター・ババジが、自身の弟子であるシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダを介し、
オームヒーリングを世に復活させました。
現在の人類の進化段階を考慮し、
マハアヴァター・ババジはアートマ・クリヤと呼ばれる変革的ヨガ体系を伝達しましたが
オームヒーリングはこの強力なヨガ体系の一部を構成しています。
アートマ・クリヤは個人レヴェルで行われますが、
オームヒーリングはグループで行われ、
すべての人々、そして世界に対して変容とヒーリング効果をもたらします。

バクティ・マルガ10周年記念祭のお知らせ

(2015年6月4日、参加を考えている日本人方へメッセージを更新しました。)
http://vishwananda-japan.blogspot.jp/2015/04/10201571012.html