2016年3月31日木曜日

アートマ・クリヤ・ヨーガ・ティーチャー・トレーニング

次回のアートマ・クリヤ・ヨーガ講師の養成トレーニングの開催日時が決定しました。
期間は2016年の9月3日~9月16日です。
ドイツのシュプリンゲンにあるシュリー・ピータ・ニラヤで行われます。


アートマ・クリヤ・ヨーガ講師になりたい方で次の要件を満たす方は

次のメールアドレスまで必要事項を記入の上、メールを送って下さい。

teacher_training_2016(アットマーク)atmakriya(ドット)org
  1. シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダがサットグルであること
  2. 最低でも1年間はアートマ・クリヤを毎日行っていること
メールに記載する必要事項:
  1. 法律上の名前とある場合はスピリチュアルネーム
  2. アートマ・クリヤ・ヨーガのサーダクになった日付
  3. 居住する国
  4. トレーニングを受ける時の自分にとって一番快適な言語(複数可)
参加可能人数には限りがございます。

ジェイ・グルデーヴ
アートマ・クリヤ・ヨーガ・ティーチャー・トレーニングチームより

---
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリペーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダtwitterより

Sri Swami Vishwananda
「もしあなたに、全てをポジティブに理解しようとする精神があれば、あなたは人生のありとあらゆる瞬間を、楽しむことでしょう。それが、プレッシャー(重圧)であれプレジャー(快楽)であれ。
#偉大 な #マスター たちと一緒にいれることは、「#存在」からの #特別 な #ギフト です。また、そのうちの1人にあなたが特別に帰属し、その人もまたあなたに帰属するような関係であるのなら、なおさらです。
なぜなら、全てのマスターたち、教師たち・・・実のところ、もしあなたに学ぼうとするオープンな姿勢と意欲があるのあれば、全宇宙があなたに学びを与えることができます。 しかし、あなたの #マスター、#サットグル のお陰で、あなたはその“経験”をすることが可能となり、かつその経験は、深遠な #知識 をもたらします。#神 の #究極 の #経験 へとあなたを #導く ことができるのは、サットグルだけです。サットグルは、#理解不可能 であり、それは少しも異常なことではありません。なぜなら、#サットグル は、かような(捉えがたき)方法で、あなたを自身の中枢へと導き、内なる #グル の #存在 を指し示すからです。あなたのサットグルと同調するために必要な全ては、真正な #信頼、#自信、#全託 です。人は、生きた #マスター の #厳密 な #指導 の下、#内なる #直感 と #ハート に従う #勇気 が必要とされます。」

2016年3月29日火曜日

マハ・シヴァラートリ2016

マハ・シヴァラートリは、最も偉大なバクタであるシヴァ神を、皆が集まって讃える行事です。ダマルのドラムの音が鳴り響き、「ハラ・ハラ・マハデーヴ」の叫び声が響く中、夜は究極の破壊神シャンカルへの献身で満たされていました。シヴァ神は、私たちのエゴとプライドの破壊の象徴ですが、私たちがお祝をするのは、この破壊のためだけではありません。マハ・シヴァラートリは、シヴァ神が、私たち人類のために行った、偉大な祝福と犠牲への感謝を捧げます。その一例は、乳海撹拌の際に、シヴァが猛毒「ハラハラ」からデーヴァとアスラたちを救った出来事です。理由はほかにもたくさんありますが、シヴァ神の愛の犠牲のために、私たちはマハ・シヴァラ-トリをお祝いします。


朝の祈りは、朝5時あたりに始まりました。まず最初にグルを崇めることで、献身的なグルプージャがきたる祈りと儀式への基調を定めました。シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダが登場した際には、カラシュ・プージャが既に始まっており、まもなくしてスワミジは、ムリットュン・バゲーシュワル・リンガムと彼個人のムルティであるギリダーリジへと水をかけ始めました。同時進行で、バクティ・マルガのスワミたちによるヤグナも行われました。ヤグナが終わり、グルジがアビシェーカムの前半を終えたところで、全員がビルヴァの葉をリンガムとギリダーリジへ捧げました。朝の儀式は、リンガシュタカムの歌と、シヴァ神の祈りで締めくくられ、きたる夜のイベントの成功を祈りました。

夕方の祝祭は、強烈なスタートを切りました。シヴァ・バジャンが鳴り響き、帰依者たちは立ち上がって踊りました。バン・バン・ボーレー!バン・バン・ボーレー!の歌声が、ヤグナのスワーハーの詠唱と入り混じり、エネルギーは瞬く間に上昇していきました。

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダが登場すると、祈りはただ強さを増していきました。夜を通して、スワミジは、シヴァリンガムへ捧げ物をし、マハデーヴを讃えるバジャンを歌いました。その最中、参加者全員が、再びムリッテュン・バゲーシュワル・リンガムへ吉兆な奉納をする機会を得ました。




最後のプージャは、中でも最も壮大なものでした。シヴァ神は、極めてわずかな捧げ物でも、間単に喜んでくださる神ですから、プラサードがめいっぱいに盛られた大皿に、マハデーヴがどれほど喜んでおられたかは、想像することができるでしょう。キッチン・チームは、極めて素晴らしい働きをしてくれました。プラサードがシヴァ・リンガムの形や、またシヴァのトリシュール(三叉の槍)のデザインに沿って盛り付けられました。主が気にかけるのは、捧げられた愛だけではありますが、マハデーヴはおそらく、調理スキルによる奉仕に喜ばれたことでしょう。



早朝にかけて、ほとんどの人々は睡眠との戦いに打ち勝ち、いよいよ最後の奉納の時間が訪れました。スワミジがシヴァ神に捧げたヴィブーティの量は、目を見張るものでした。リンガムに対して山盛りのヴィブーティが次々と盛られました。締めくくりの祈りが終わると、グルジは、祝祭の夜について少し語り、母なる地球への誘導瞑想を行いました。以下はその一部抜粋です。

「あなた方が受け取った祝福は、今日あなた方が受けた高揚は、他の日においては受け取れないものです。だから、この日はとても吉兆とされています。あなた方は昨日(アカデミーによる講義において)、シヴァ神についての話を聞きました。ですから、バガヴァン・シャンカルが誰であるか、彼の祝福、そしてマー・バガヴァティ・ジャガダンベーの祝福を得ることがいかに重要であるか、あなたは知っているはずです。なぜなら彼らは、ギリダーリが御姿を現すための、扉を開いてくれるからです。ギリダーリジはとてもシャイなお方です。(彼が御姿を現される前は、彼はシャイです。しかし、御姿を現された後は、もうそんなにシャイではなくなります。)しかし、あなたが彼の扉をノックする時点に至るまで、あなたにはシヴァ神の祝福が必要です。マハーバーラタ戦争の後に、バガヴァーン・クリシュナご自身が、パーンダヴァ兄弟たちに対し次のように言ったのは、このためです。
「主シャンカルの御足を拠り所とせよ。行って償いの行をせよ。そして彼がやってきた時、彼が現れた時、あなたのした全てのことが、許されたことを知るだろう。」
バガヴァーン・クリシュナご自身がこう言ったのです。知っているでしょう。

さあ、あなたはたくさんの祝福を受け取りました。知っての通り、この世界、母なる地球はあなたの祈りを必要としています。私からたった2分間のお願いです。あなた方は皆疲れきっているのは知っています。眠ることを考えているのでしょう。今この瞬間でさえ、もし私が目を閉じて母なる地球のことを考えるように言っても、眠ってしまうでしょう。ですから、あなたの時間のうちのたった2分間しかお願いしません。平和のために祈りましょう。私たちは先ほど、「ローカー サマスター スキノー ヴァントゥ」と唱えました。あなた方それぞれの国、家族などのために、祈りましょう。しかし、総じて母なる地球のために祈るのです。この世界が平和でありますようにと。なぜなら、もし平和がないなら、あなたがしっかりとバガヴァーンに集中することはできません。そうでうね?平和である時、それは簡単です。」-シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ




ブログを読んでいただき、ありがとうございます。もしマハ・シヴァラートリへ来られなかった方は、2016年4月15日に開催されるラーム・ナヴァミのイベントへぜひお越しください。詳細はこちらからどうぞ:
http://www.bhaktimarga.org/events/event/ram-navami

マハ・シヴァラートリの写真はこちらら:
https://www.flickr.com/photos/bhaktimarga/albums/72157665433500502

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵


---
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリペーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い

2016年3月25日金曜日

モーリシャス巡礼2016 その2

木曜日、このツアーの最初のサットサングの日は、グルジが行う、シュリ・ランガナート寺院でのギリダーリへのアビシェーカムで始りました。

ギリダーリのガーランドが無かったので、グルジがその場で作りました。それはとてもかぐわしいものでした。










朝のお祈りの後、グルジは近所の近くに出かけ、用事を済ませた後、海を見に行きました。

周辺をドライブしている間、彼が子供の時に歩いた所や遊んだ所 - 家々の近くにある、彼や友達が魚採りをした小川や走り回った森を指し示しました。



帰依者たちは、旅の公的な最初のイベントのための寺院の飾り付けに忙しくしていました。精神は高揚し、帰依者たちはグルのために建物の準備をすることに幸せを感じていました。

SPNのカダンバリの体験談:

グルジが寺院でマタジたちとゲームをしていた時、私たちが飾り付けをしていたその日の遅く:彼は、彼らが作った飾り付けを変えるように言いました。それは、サットサングのための彼の椅子の場所も含みました。チームは、とても柔軟性があり喜びに満ちていたので、私たちは本当に喜んで受け入れ、みんな繋がっていました。私たちは、サットサングのために自分たちの準備をしに行く時間になるまで、飾り付けを手伝いました。


グルジは、サットサングの前後ちたくさんのモーリシャスの帰依者たちとプライベート・インタビューで話をするのに多くの時間を費やしました。グルジのことを、彼の子供の頃から知っているたくさんの人たちが来て、彼と話をし、サットサングを聞きました。


ある特別な体験:


水曜日の夕方、シュリ・ランガナート・マンディルで午後7時30分にグルジがアビシェーカムを行うことを知らされました。私たちは、仕度してそこにドライブして行くのに45分しかありませんでした。なので、急いで、急いで… 私たちは、ホテルに降りて行き、可能な交通手段を尋ねました。


優しいフロント係のアシュヴィンが「ヴィッキー・タクシー」を呼んでくれ、私たちは15分後には、神に向かう道中の車に座っていました。ローズ・ヒルの住所と地図が載っているフライヤーを運転手に見せると、「おー、私の家はこのマンディルの近くにあり、私は彼を知っています。私はシュリ・スワミ・ヴィシュワナンダと学校に行ってました。」と彼は言いました。そこで私たちは彼について話し始めました。この流れでは、彼はグルジとのサットサングやダルシャンに来ない言い訳などできません。彼の反応は少しためらったものでした。- 自分は忙しく、2人の子供がかなりわんぱくで、と彼は言いました。私たちは、彼と彼の家族を強く誘いました。


次の日の朝、グルジがギリダーリへのアビシェーカムを終えた後、一台の車がマンディルで止まり、彼の隣人たち、家族全員が降りてきました。彼らは近くに来ました。(少し恥ずかしがり、ためらいながら)グルジはもちろん歓迎し、おおらかに彼らを祝福しました。彼らはみんなとても感動し、サットサングとダルシャンに来ると約束しました。


ロシア、ヨーロッパ、中国からの帰依者たちは、ちょうどサットサングが始まる前に、来たるべき巡礼のために到着し始めました。




グルジによって、彼の母国語のクレオール語でサットサングが行われました。私たちは、彼が何を言っているのかは理解できなかったけれども、彼の母国語を彼の声で聞くことは、快いものでした。


サットサング



グルジは、バジャンの歌でサットサングを始めました。“トゥム ハマーレー テー プラブジ、トゥム ハマーレー ホー、トゥム ハマーレー ヒー ラレンゲー、オ メレ プリヤタム”  そしてそれからそれについてコメントをしました。


これらが、この歌について彼が話した主な話題です。

- 私たちは外側で幸せなふりをすることはできますし、みんなふりをしています。真の幸せは、内側でのみ見つけることができます。

- 無知は、私たちを不幸せにします。もしあなたが望みがあり、それが実現するなら、あなたはさらにどん欲になるでしょう。もし実現しないなら、あなたは怒るでしょう。
- みんな3つのグナに縛られています。神に委ねることによって、それらから自由になります。なぜなら、神は人間の形で化身する時でさえ、3つのグナの向こうにいるからです。
- あなたは神と永遠の関係を持っています。これは、内面の満足をもたらし、それが人生の本当の意味です。そのことに気づくことは、永遠の幸せをもたらします。
- 週末の霊性:週末だけ教会/寺院/モスクに行くと… これは、あなたを一定の期間幸せにするだけです。同じように、幸せは来ては去っていきます。

それからグルジは、聴衆と一緒にお気に入りのバジャン、サブセー・ウーンチー・プレーマ・サガイを歌い、その意味について話しました。


- 献身なく祈ることは、意味がありません。
- 人々が愛と呼んでいるものは、ビジネスの取り引きです。もしビジネスが上手くいけば、全ていいのです。もし上手くいかなければ、落ち込むのです。これらは、ラジャスの質です。

- 皆がタマスの状態というわけではありません。むしろほとんどはラジャスの状態です。ラジャス的な人々は、全てが上手くいっている時には、良い行いをします。上手くいっていない時には、彼らは良いことを何もしません。



ラーマチャリトゥマーナスで、トゥルシーダス・ゴースワーミーは、みんな単に見栄を張っているだけだとと言いました。これが週末の霊性です:もし時間があればその時だけやる。それなら霊性とはなんですか? 時間がある時だけなんて。
- それが人々がしていることです。彼らはたまに寺院/教会/モスクに行くでしょう。それではあなたをどこにも連れて行きません。それではあなたの中のバクティや献身を呼び起こしません。
- 真実の愛は、真の献身によってのみ呼び起こされます。
- クリシュナは言われました。:私に委ねなさい。
- あなたはあなたのマインドをストップさせることができますか? あなたはできません。あなたは、子供の頃からマインドを使ってきています。どう思いますか? 人生でどのようにビジネスをしますか? どのように成功しますか? あなたの人生は、どのようになるべきですか? あなたはマインドをストップさせることができません。
- マインドを何が支配しているのでしょう? 5つの元素 - パンチャ・タットワです。あなたは、それらを止められません。
- 私たちは、私たちの機能を入れ替えることができません。- 目に聞かせることも耳に食べさせることもできません。それぞれの機能には、それぞれの仕事があります。
- あなたは考えるのを止めることはできません。しかしあなたは、何を考え、マインドのどのような餌を与えるかを決めることができます。
- クリシュナは言いました。「心を私に集中させなさい。やるべきことをやり、しかしマインドは私に集中させなさい。」

グルジは、聴衆からの質問にも答えました。


女性は、シヴァ・リンガムにアビシェーカムを行うことができますか?

シャーストラに則って言えば、できません。
しかし、グルがそう命じたのであれば、女性でもできます。

なぜクリシュナは、チャリオットの車輪でビシュマを危うく殺しかけたのですか?


マハーバーラタの最も面白い部分は、クリシュナがビーシュマをチャリオットの車輪で殺そうとするところです。この質問を理解するためには、誰がクリシュナの軍隊を取り、誰がクリシュナを取ったかの決定に戻る必要があります。


アルジュナがクリシュナを選択し、ドゥルヨーダナがプライドゆえにクリシュナの軍隊を選択した、クリシュナは戦わないことを誓いました。


マハーバーラタ以前、ビーシュマはカルナに、ビーシュマが戦場にまだいる間は、彼は入ることができないと言いました。彼が倒れた時だけ、カルナは入ることができました。

マハーバーラタの11日目、ビシュマはクリシュナが誰なのか:イーシュワラ・パラマ・クリシュナ、サッチダーナンダ・ヴィグラハを知りました。彼の前に立っている人が誰であるのかを誰かが彼に教える必要はありませんでした。クリシュナが一般人のように変装していても、彼はクリシュナがシュリ-ーマン・ナーラーヤナ自身であることを知りました。


クリシュナは、以前に化身したアバターたちとは違っていました。彼は彼自身の完全な化身でした。

ビーシュマは、マハーバーラタの戦いの間、彼はクリシュナに武器を持たせ、戦わせると言いました。


アルジュナがクリシュナと口論していた時、彼の叔父と戦わないことを頼むとクリシュナは答えました。「もしあなたがあなたのダルマを行わないならば、私が彼を殺しに行く。」


アルジュナは、「あなたはなぜ彼を殺そうとするのですか? あなたは自分で、いかなる武器も持たないと言っていました。」


クリシュナは、「私がこの法を作った。そして、それを破壊することができる。」と答えました。



これはとても重要です。このフレーズです。神は、いかなる彼の法にも縛られません。彼自身が作った法でさえ。神を縛るいかなる法もありません。

クリシュナはビーシュマにそのことを示しました。なぜならビーシュマはクリシュナが、(武器を取るのではなく)彼の法を破るのを見たかったからです。


全ての以前のアバターたちは、服従を示しました。例えば、ラーマは追放され、彼はそれに同意しました。クリシュナは違いました。彼は、「この法は私が作った。私はいかなるものにも縛られない。」と言いました。


クリシュナが車輪を持ち上げた時、ビーシュマは何をしたでしょう?


ビーシュマは、「私を殺せ!それが私の望むことだ!」と言いました。

マハーバーラタ全体は、クリシュナによって作られました。カウラヴァ一族が、自分たちの手でこの戦いを起こしたと思っていたとしても、それを許したのはクリシュナ彼自身です。

バルバリークの頭は、マハーバーラタの戦場を見ていたので、クリシュナは彼に「パーンダヴァの勝利の要因となったのは誰か?」と尋ねました。

バルバリークはアルジュナを見て笑いました。アルジュナは、「なぜあなたは私を笑うのだ? 私をからかっているのか? あなたは私が誰かを知らないのか?」と言いました。

バリバリークは、「はい、はい、私はあなたがアルジュナであることを知っています。私はあなたの傲慢さを笑っているのです。」と言いました。

アルジュナは、「あなたは私が傲慢だとなぜ言うのだ? たった今私は大きな戦争に勝ったのだ。」と言いました。


バルバリークは、「傲慢さがあなたを盲目にしている様を、私は目の当たりにしています。あなたはそれを見ることさえできていなかった。戦っているのはあなでさえなかった。あなたが行った全てのことは、あなたのためにクリシュナがしました。この高い場所から私が見たのは、クリシュナだけです。」と言いました。


バルバリークはアルジュナに、「あなたの敵に射った全ての矢は、スダルシャナ・チャクラの後を追っていたのです。」と言いました。全てを行っていたのは、クリシュナでした。

サットサングは、グルジが聴衆と一緒にバジャンを歌い、クリシュナへのアラティで終わりました。その後グルジは1時間以上、来訪者一人ひとりと話して過ごしました。伝統的なモーリシャスのプラサードが、全ての人にふるまわれました。







Afterwards, the devotees of Mauritius and some newly-arrived pilgrims sat down together to have a family dinner. Guruji sang bhajans and had many laughs with the devotees.


その後、モーリシャスの帰依者たちと何人かの新たに到着した巡礼者たちは、家庭的の食事を一緒にしました。グルジはバジャンを歌い、帰依者たちとたくさんの笑いの時を持ちました。




夜遅く、とは言っても既に早朝でしたが、私たちは、小さな花火大会をしました。 






霊的なレッスンから一転して、場は家族の集まりへと変わりました。とても美しく、何気ない流れで。私たちは、私たちのマスターから、クリシュナ神の話やバクティ・ヨガの神秘的な素晴らしい練習の知識や知恵を楽しむことができました。

私たちはそれから、神と彼の愛する創造との間の愛を少し体験することができました:それぞれ他の仲間たちと楽しんだり、お互い集まったりして時間を過ごしました。全ての帰依者たちは、グルジへの尊敬と感謝と奉仕で形づくられています。そして、このシンプルだけれども愛に溢れた体験は、ゴーパとゴーピーたちと、愛するゴーパーラとの憩いの場も、きっとこのようであったのだろうと思わせるものでした。 


---
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリペーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い


シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵


---
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリペーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い

2016年3月14日月曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵



---
オーム・チャンティング開催のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.de/2016/02/3om_25.html
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリペーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い

2016年3月10日木曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵


---
オーム・チャンティング開催のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.de/2016/02/3om_25.html
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリパーネーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い

2016年3月3日木曜日

シュリ・スワミ・ヴィシュワナンダ:愛の知恵


---
オーム・チャンティング開催のお知らせ
http://vishwananda-japan.blogspot.de/2016/02/3om_25.html
日本語書籍「JUST LOVE ただ愛のみ -万物の本質-」発売中
http://www.amazon.co.jp/JUST-LOVE
シュリ・クリパーネーシュワルナート・マンディル建設募金のお願い